結婚式

和装の意味♪

2017/08/14


最近じわりじわりと人気の和装の結婚式。

和装にはその衣装の色にちゃんと意味があるのですが、私はその意味を知った時、日本の奥ゆかしさ、厳かさを感じました。

知っていたら間違いなく和装にしていたのにと、和装を着なかったことを後悔したくらいです。

 

白無垢の白は「血が通っていない。嫁ぎ先の色に染まる」という意味の白。

色打掛は、白で無だった花嫁に色という「血」が入り、夫の家の色に染まってこれから生きていくという意味の色。

この衣装には繋がりがあったため、昔は結婚式では白無垢も色打掛もどちらも着ていました。

 

 

一度はあこがれる白無垢。綿帽子をきて目を伏せがちに・・・。

この綿帽子にも挙式が終わるまで、花嫁は新郎以外の人には顔を見られないようにという意味が込められています。

初々しさや奥ゆかしさも感じられ花嫁の美しさも引き出しますね。

 

 

和装の本来の意味を知ったら『和装を着たい!』気持ちがとまらなくなるかもしれません(^^)

 

 




ハナユメ

ブライダルフェアへ行くなら、ローラのCMで話題のブライダルフェア予約サイト「ハナユメ」からの予約がおススメ♪

全国の結婚式場の写真が豊富なサイトで、ここからブライダルフェアの予約すると割引や特典など二人に嬉しいことがたくさん。

今なら「ハナユメ」からブライダルフェアの予約・見学を申し込むと、最大3万円分の商品券がもらえるサービスや半年以内の結婚式で結婚式費用が最大100万円お得になる『ハナユメ割』があります。

ハナユメからブライダルフェアの予約をして理想の結婚式をしてみませんか♪

『ハナユメ』の公式サイトへ

『ハナユメ』の公式サイトへ

-結婚式
-,